Automobile Council 2016 出展者ピックアップ Vol.02

オートモビルカウンシルの最大の特徴ともいえるのが、全国より選りすぐりの優良なヘリテージカー専売店による約80台の即売会の開催。名車に拘り抜いた各店が一堂に会すこの機会は、当時を振り返りながらあの憧れのクルマを手に入れることができるまたとないチャンス。各店どんなクルマが出展されるのかお楽しみだ。

2016.06.21 | Special

アウトニーズ(京都府)

シトロエンを残していきたい。これぞ機械遺産だと思う!

Like
Tweet
Line

シトロエン専門店「アウトニーズ」 二井浩之社長

京都のドゥブル・シェブロンの防人、アウトニーズは一言でいえば大のシトロエンファン。
西武自動車時代からシトロエンに精通、ディーラーでは出来なかったクルマの販売と修理にチャレンジしている。現在はオランダでレストアベースのクルマを目利きし日本に輸入、アウトニーズで仕上げるという形でシトロエン専門の販売、修理、レストアを手掛けている。

フランス車の中でも、独特のデザインと、 魅力溢れるCITROEN。そんなCITROEN の京都における専門店。

取り扱いはシトロエン全般、とりわけ安くて空力がよくてハイドロ・ニューマテック・サスペンションがついていて中身が充実しているGSが一番好き、そしてパナールを勉強中という代表の二井さんからお話を聞いた。
「これからシトロエンに乗るのであれば、一番欲しいクルマを狙って。シトロエンに対して壊れるのでないかなど心配するところはお客さんと一緒に二人三脚でカバーしていきましょう。とにかく、メンテナンスをお願いする工場と良好な関係を築いてシトロエンファンを増やしていきたいしクルマも残していきたい。」

右:CITROEN GS 1220 Break と GS 1220 pallas
左:CITROEN CX 2500 GTI

「AUTOMOBILE COUNCILは自動車文化を育てていくことに共感し、初年度からぜひ参加したいと思った。RETRO MOBILEのようなイベントがあればと思ってもいたので、イメージも創造できる。」
シトロエンが人を選ぶ?という言葉を聞いた。乗っても似合わなそうな人がしばらくするとしっとり馴染むそうで、シトロエンが乗り手を変えていくのだそうです。アウトニーズは、仕上がったSMとDSを販売予定とのこと。僕個人はGSを出展されたら買ってしまうかもしれない。

クラシックシトロエンを、優れた整備力と現実的な価格で販売する、シトロエン好きとしては目が離せないショップある。


Shop Information

アウトニーズ 〒612-0833
住所: 京都府京都市伏見区深草大亀谷岩山町185-1
TEL: 075-646-0213 / FAX: 075-646-0215
定休日: 第1日曜日と月曜日
URL: http://www.auto-needs.com/

※記事で紹介した車は出展車両とは異なります。

Like
Tweet
Line
Facebook Twitter Instagram