Automobile Council 2016 出展者ピックアップ Vol.13

オートモビルカウンシルの最大の特徴ともいえるのが、全国より選りすぐりの優良なヘリテージカー専売店による約80台の即売会の開催。名車に拘り抜いた各店が一堂に会すこの機会は、当時を振り返りながらあの憧れのクルマを手に入れることができるまたとないチャンス。各店どんなクルマが出展されるのかお楽しみだ。

2016.08.01 | Special

プラネックスカーズ(東京都目黒区)

Like
Tweet
Line

プラネックスカーズといえば、グループ代表の久保田会長が2014年モナコ ヒストリックレースでロータス72を駆り日本人初優勝、本年のル・マン・クラシックに日産R90CKで参戦するなど海外でのヒストリックレース界では高名な存在。日本においてはクラシック・チーム・ロータス・ジャパンの看板を上げてロータスのDNAをレースに参戦しながら残していく活動も積極的に行っている。その、プラネックスカーズがAUTOMOBILE COUNCILに満を持して参加してくれることとなった。

そしてそのプラネックスカーズを束ねているのが富永和男社長。富永さんも幼少期からスーパーカーショーや変わったクルマがあればどこへでも写真を撮りに行く少年でそのままクルマの世界へ入っていったクルマ好きである。レース業界の中では、ドイツのレーシングドライバー シュテファン・ベロフの大ファンとしても有名な方。

プラネックスカーズにはとにかく驚くクルマが多数存在する。特にこだわっているのが、世界で数台の現存車、国内で一台しかないクルマ、その当時に活躍したレーシングマシーンなどをメンテナンスしストレスなく走れるように仕上げている。

「快適さを望むなら新しいクルマを(笑)。形があるものは壊れるから、気もお金も使わないと痛い思いをする。価値観は人それぞれなので分かり合える人に販売していきたいと考えています。」

「AUTOMOBILE COUNCILへは、自動車の文化を見直してクルマを大切にする気持ちを来場するお客さんと共有したい。日本のRETRO MOBILEと呼ばれるようにことを目指して頑張っていきましょう。」

富永社長は悩みに悩んで出展車両を決めてくれた。S4をベースに製作されたロータスエランのエステート(世界に2台のみの限定車)。そしてロータスエラン2+2 プロトタイプ(世界に一台)、マツダコスモスポーツにトヨタ2000GT。そして、なんとあのロータス97Tが販売車両として出展されることとなった。さぁ、どんなプライスがついているのか。是非、会場でご確認ください。


Shop Information

プラネックスカーズ株式会社 〒152-0031
住所: 東京都目黒区中根 1-24-13
TEL: 03-5729-1505
定休日: 10:00 ~ 19:30(定休日:火曜日)

※記事で紹介した車は出展車両とは異なります。

Like
Tweet
Line
Facebook Twitter Instagram