ヘリテージカーの魅力を紹介し自動車文化を語る
『AUTOMOBILE COUNCIL 2017』 開催情報 第6弾

2017.07.07 | Press

本年8月4日(金)から開催するAUTOMOBILE COUNCIL 2017の開催情報第6弾をお知らせします。

1. 出展者情報第三弾(7月7日現在)

新たにマルシェに出展者1社が追加されました。

  • マルシェ(+1社)
    フヂイエンヂニアリング(レストアサービス/車両展示あり)

AUTOMOBILE COUNCIL 2017 出展者(7月7日現在)

2. 日本車メーカー展示情報第一弾(今回はマツダ株式会社1社)

マツダ株式会社は、7月6日、本イベントに関して下記のとおり発表しました。
今回は、プレスリリースを原文のままお知らせします。

詳細はこちら

マツダの出展テーマは、「飽くなき挑戦の歴史 -ロータリーエンジン誕生50周年-」です。

1967年にマツダが量産化に成功したロータリーエンジンは、コスモスポーツに搭載され、今年誕生から50年を迎えました。マツダブースでは、数々の苦難を乗り越えて、ロータリーエンジンの実用化、量産化を実現した先人の歩みに感謝の想いを込め、現在のSKYACTIV技術の開発にも通じるマツダの「飽くなき挑戦」の精神の一端を紹介します。

マツダブースでは、コスモスポーツの開発途中の試作車をはじめ、永くお客さまに愛されてきたロータリーエンジン搭載車を中心に、1991年のル・マン24時間レース総合優勝車である「マツダ 787B」、世界初の2ローターロータリーエンジン「10A」型などを展示する予定です。

「AUTOMOBILE COUNCIL」は、2016年に初めて開催された、日本に自動車文化の創生を図ることを目的としたイベントです。日本に自動車文化を育みたいという共通の想いを持つマツダは昨年に引き続き出展します。

マツダは、「お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになること」を目指しています。今後もお客さまと作り手が直接触れ合い、想いを交わす場を広げてまいります。

3. ヘリテージカー販売店による展示・販売車両情報第二弾(7月7日現在)

イベントで展示・販売されるヘリテージカー販売店の車両情報第二弾として、新たに公表された次の5社計23台をお知らせいたします。

この結果、7月7日の第5弾リリースで公表した9社36台(今回1台追加を加え計37台)と合わせ、現時点でお知らせできるヘリテージカーの展示・販売台数は、60台となります。

  • ・アトランティックカーズ
  • ・ヴィンテージ宮田
  • ・ショップナインプロダクション
  • ・BRITISH LABEL/RANGERS
  • ・ランボルギーニ麻布

AUTOMOBILE COUNCIL 2017 展示・販売車両情報(7月7日現在)

4. 主催者コーナー展示車両決定

「60年代、Golden Eraの百花繚乱」をテーマに次の3台の展示が決定しました。

① イタリアのスポーティネスアルファ・ロメオ・ジュリアTZ 1965年型

爆発的ヒット作、初代ジュリアシリーズの頂点に位置するレーシング・スポーツ。展示車(シャシーナンバー#95)は1965年イタリアのトリノショーに展示された実車そのもの。閉会後、エンジンをオイル漬けにした状態でずっと保管されていた個体を、1972年に日本人オーナーが入手。一度も走行していない事実上新車の状態に保たれた世界にただ1台のTZ。

② ドイツのエレガンスメルセデス・ベンツ220SEb 1961年型

近年再評価されているポール・ブラックがデザインしたテールフィンを持たない最初の縦目メルセデス。豪奢な作りとドイツ流エレガンスの極みともいえる1台。2.2リッター直列6気筒エンジンには機械式インジェクションが備わる等設計も進歩的。このクーペに加えセダンはもちろんカブリオレもラインナップされた。

③ アメリカの先進シボレー・コーヴェア・モンザ1963年型

ポルシェ911より早く空冷フラットシックスをリアに積んだアメリカの革新的コンパクトカー。展示車のモンザは2ドアのクーペモデル。日野コンテッサ、ヒルマン・インプ、プリンス・グロリア等、外観デザインでも世界に大きな影響を与えた。

Facebook Twitter Instagram