ヘリテージカーの魅力を紹介し自動車文化を語る
『AUTOMOBILE COUNCIL 2017』 開催情報 第7弾

2017.07.14 | Press

テーマは、「CLASSIC MEETS MODERN」。
8月4日(金)から開催する日本の自動車マーケットをけん引してきた80台を超える往年の名車を展示・紹介・販売する「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」の開催情報第7弾をお知らせします。

1. 日本車・輸入車メーカー展示情報第二弾(7月14日現在)

7月7日にリリースしたマツダ株式会社に加えて、今回は、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、アウディ ジャパン株式会社、ボルボ・カー・ジャパン株式会社の4社の情報をお知らせします。

トヨタ自動車は、「ハイブリッド20年 動力の変遷と未来への挑戦」をテーマに、初代ハイブリッド車をはじめ、貴重なハイブリッドカーの歴史を当時のモデルで紹介します。

日産自動車は、「時代の最先端デザイン」がテーマ。1935年のダットサン14型ロードスターにはじまり、2017年の北米国際自動車ショーで発表されたコンセプトカー「Vmotion 2.0」に至る時代の最先端デザインを紹介します。

※株式会社 SUBARU、本田技研工業株式会社の情報は、随時、AUTOMOBILE COUNCIL 2017 公式ウェブサイトでお知らせします。

ボルボ・カー・ジャパンのテーマは、「ボルボ90周年の歴史とワゴン・エステートの展示」。ワゴン・エステートのヘリテージを語ります。

アウディ ジャパンは、quattro の名声を確立した、初代 Audi quattro のラリー仕様車である Audi Sport quattro S1 を本国アウディ・トラディションより搬送展示するとともに、そのスポーツ性能の伝統を今日に継承する新型 Audi RS 5 Coupé を日本で初公開します。(ジャパンプレミアとなります)

2. ヘリテージカー販売店が蘇らせた名車 展示・販売車両情報第三弾(7月14日現在)

6月30日、7月7日の発表に加えて、今回は5社・21台の展示・販売車両をお知らせします。19社のヘリテージカー販売店が、いずれも、優れた技術で今に蘇らせた名車を展示します。

ヘリテージカー販売店 展示・販売車両情報はこちら

3. 出展者情報第四弾(7月14日現在)

サプライヤーにChubb損害保険株式会社(旧エース保険)が、追加されました。

出店者情報一覧はこちら

4. サプライズ展示 CAR GRAPHIC CLUB Selection for AUTOMOBILE COUNCIL

特別後援・株式会社カーグラフィックブースの展示車両をお知らせします。

5. 前売り入場券は、会期前日の3日(木)深夜まで販売

「オートモビル カウンシル 2017」の入場券は、ローソンチケット/チケットぴあ/イープラス/CNプレイガイド/Yahooチケット/カンフェティ/キャピタルヴィレッジオンラインで販売しています。

チケットは、憧れのヘリテージカーをゆったりと堪能できる4日(金)3,000人限定の「プレミアムタイムチケット」、5日(土)または6日(日)いずれかに入場できる「1dayチケット」、会期中2日間をかけてヘリテージカーをじっくり楽しむ「2daysチケット」があります。

お得な前売り券は、会期前日の3日(木)の深夜12時まで販売しています。また、チケットページから、各プレイガイドのチケット販売サイトに入り購入することができます。

Facebook Twitter Instagram