主催者テーマ展示 「60年代ルマンカーの凄みと美しさ」

今年はテーマを「60年代ルマンカーの凄みと美しさ」と銘打って、2台が展示されます。1台は1966年のイソ・グリフォA3/C。そしてもう1台は1963年、初めてアルピーヌの名を冠してルマンデビューを果たしたレーシングスポーツのM63です。ヘリテージカー・ファン垂涎の2台がAUTOMOBILE COUNCIL 2020に登場。そのダイナミズムと緊張感溢れる美しさをご堪能ください。

イソ・グリフォA3/C

日本でも大ヒット作となったハリウッド映画「フォードvsフェラーリ(原題『Le Mans 66』)。その名の通りルマンの絶対的王者だったフェラーリに、大衆車メーカーでしかなかったフォードがレーシングカーを新開発し、これを勝利に導くまでのストーリーが綴られたものでした。
伝統ある世界一過酷なレースで総合優勝を勝ち取ったフォードGTマークII(通称GT40)と同じ華やかな舞台で、実はもう1台注目を浴びた存在が今回の主催者展示車両、イソ・グリフォA3/Cです。
設計者はあのジウジアーロをして“天才”と言わしめたジョット・ビッザリーニ。彼はフロント・エンジンフェラーリ最後の究極の1台、フェラーリGTOの開発リーダーを務めた男でした。しかし、絶対君主エンゾ・フェラーリと、当時スクーデリアの主軸を務めた6名が対立し、カルロ・キティ、レース部門のトップを務めたロモロ・タヴォーニ等6名が一挙に離脱。ビッザリーニもそのひとりとしてクーデターに加わり反旗を翻したのです。
その彼が高級グランドツアラー、イソ・グリフォをベースに純粋な競技車両に仕上げたのがA3/Cです。末尾のCはコンペテション(もしくはイタリア語のコルサ)の頭文字。低いフロントに積むエンジンは、シボレー・コーヴェット用プッシュロッドV8 5.3ℓをベースにハイチューンを施したものです。7000個というリベットを用いて形成された低く美しく、しかも戦闘的な専用ボディはイタリアならではのダイナミズムの塊。わずか6台が製作されたに過ぎないワークスカーの1台、それもオリジナルデザインに最も忠実な奇跡の個体が幕張メッセに登場します。

アルピーヌM63

アルピーヌといえばラリーのイメージが強いものの、創始者ジャン・レデレはサーキットレースにも情熱を燃やしていました。A110がデビューしたのと同じ1963年、初めてアルピーヌの名を冠したレーシングスポーツがルマンデビューを果たしたことが、何よりそれを雄弁に物語っています。それがM63でした。リアに積むエンジンはたったの996cc 4気筒。出力はわずか95bhpに過ぎないのに、最高速は240km/hに到達。マルセル・ユベールがデザインした空力ボディの賜物といえるでしょう。
A110との共通点はウインドスクリーンのみ。サルトサーキットの長いストレートと高速コーナーに完全に照準を合わせ、徹底的にエアロダイナミクスを磨いたボディの空気抵抗は、この時代にしては驚異的な0.20~0.22を実現しました。
今回オートモビル・カウンシルに展示が決まったシャシーナンバー1701はM63の1号車。ルマン本戦でこそリタイヤを喫しましたが、テストデイでは同じエンジンを積むライバル、ルネ・ボネより5秒も速いラップタイムをマーク、ひと月後に行われたニュルブルクリンク1000kmでデビューウィンを飾った由緒正しき個体です。
FRPボディによる軽量ライトウェイトの思想はまさしくアルピーヌそのもの。大排気量エンジンのパワーに頼らず、小排気量で効率の高さを限界まで追求する姿勢は、当時のフランス車ならではの特徴、美点と呼べるものです。